貯金も出来る!キャリアもアップする、駐在員のメリット

日本企業から駐在員として台湾で働くことが人気の利用の一つに、待遇の良さがあります。もちろん、日本にいる時と待遇が大きく変わるわけではないのですが、台湾と日本の物価の差などを換算すると、相対的に給料などの待遇が良くなるのです。また、住居手当などの面でも同じ金額であったとしても、日本と台湾では住める家のレベルが大きく変わることもあるので、結果的に好待遇となるのです。

駐在員として日本を離れたとしても、基本的な給料が変わらないことがほとんどです。一方、住居手当や交通費などの手当については、企業によっては異なることもあります。現地の物価や生活水準に比例して手当が定められることもあるので、どれほどの変化があるのか、現地の住宅事情はどうかなどをあらかじめ調べておくと良いでしょう。

また、注意すべきは健康保険の変化です。日本における国民健康保険など、日本の居住者に限定した行政サービスとなっているものもあるので、長期駐在となった場合日本の住民票を抜くことになるために、自動的に日本国内居住者限定の保険などは利用できなくなります。企業が提供している民間の保険や、台湾で受けられる公共の保険や各種行政サービスがどれだけ受けられるかは、赴任する前に確認して手続きを進めることが肝心です。国を超えてのビジネスでは、ビザも含めて煩雑な手続きが必要になることもあるので、あらかじめ会社と細かい点まで話し合うことがポイントです。