台湾へ赴任して働く駐在員の求人を得る手段

台湾で働きたいと思うなら、おおまかに言って二つの方法があります。それは、現地採用と駐在員としての勤務です。このうち、駐在員としての勤務とは、日本企業で就職を果たし、日本企業から派遣される形で台湾での業務につくということです。待遇などの面で現地採用よりずいぶん差が出るので、駐在員として台湾で働きたいという人の方が多くなっています。

駐在員として台湾で働くことを考えているなら、まず台湾進出をしている、もしくはその予定がある日本企業を探して就職活動をする必要があります。様々な求人がありますが、海外営業の分野や、技術職や管理業務に多く求人が見られます。当然、ほとんどの場合堪能な中国語スキルが求められていますので、必須スキルとして身につけておくようにしましょう。必要とされる言語レベルは職種によって異なりますが、駐在員はたいてい管理業務や特殊技術に携わることが多いので、滑らかなコミュニケーションができることや、専門用語などにも通じていることが必要になるでしょう。

駐在員としての求人は日本人にとって重要な海外でのキャリアを得る手段です。求人情報を探すためにはあらゆる情報源を頼りにしてください。
「台湾求人の道しるべ : 日本人の働く業界とお勧め人材紹介」というサイトは駐在員をはじめ様々な契約形態での勤務の仕方や渡航の仕方を解説したサイトです。

必要とされる技術やスキルは、製造業であればラインの管理や品質管理ができるなど、単に製造についてのスキルがあるだけでなく、工程管理ができる人が歓迎されます。一方、IT関連ではそれぞれの部門で高いスキルがあれば必要に応じて業務が割り当てられます。システム開発やデザイン、広報などの分野でのスキルがある人が必要とされることが多く、経験者が優遇される傾向にあります。