これで転職できる!台湾の駐在員に有利な業界と仕事内容

taiwannight今や台湾への進出を行っている日本の企業は相当数に上ります。また、業界や職種別に見ても、ありとあらゆる分野での進出が行われていると言ってもいいでしょう。そのため、言語を別にして、特殊なスキルや経験がなくても台湾進出をしている日本企業に就職すれば、台湾への駐在という希望を果たすことができるようになってきました。

台湾進出が目覚ましいのは、飲食やサービス分野です。大手のレストランチェーンだけでなく、中小規模のチェーン店も台湾出店をしています。そのため、食品業界にいる人でも台湾での駐在を考えることができます。駐在員としての仕事は管理や教育業務がメインとなります。また、現地に合ったマニュアル作成や店舗の設計なども重要な業務の一つで、様々な仕事があります。もちろん、現地の社員と密にコミュニケーションを交わして、新しいプロジェクトを立てたり、教育を行ったりしていくので、高い中国語の能力が求められます。

その他の分野では、ITや電機・設備関連の企業から駐在員として台湾に赴くということもあります。設備などの製造を行うメーカーでは、工場の管理などがメインの業務になり、日本の高い技術を教えていくという仕事もあります。駐在員は現地採用の社員とは異なり、日本からの派遣という形になりますので、待遇も基本的には日本にいるのと変わりません。そのため、日本と比べて物価の安い台湾での生活は楽に過ごせるでしょう。各種手当てについては、企業によって日本での業務と異なることが多いので、事前に確認するようにしましょう。